ブックメーカーについて

ブックメーカーについて

ブックメーカーというのは、世界中で開催されてているスポーツやイベントだけでなくあらゆる出来事に対して賭け事の対象として請け負うことを主の目的とし、胴元の事を「ブックメーカー」と呼びます。

別名としては、スポーツベッティングやスポーツブックとも呼ばれることもありあす。

サッカーや野球等のメジャーなスポーツだけでなくテニス、バスケットボール、卓球等の日本ではあまりメジャーでないスポーツですら対象となっており、あらゆるスポーツに賭ける事ができる仕組みになっています。賭けるということに不安を感じる方々が日本では多くいるでしょうが、これははそれぞれの国の法律できちんと認可されていて合法的かつ優良な会社です。

ヨーロッパ等の世界のサッカー試合をでは、ブックメーカー社の広告もが多く見られます。今後、日本でも認知されていきとても大きな市場となっていくこととでしょう。

ブックメーカーに参加して賭け事を楽しんでいる人は、試合を観戦しながら賭けを楽しむ事ができます。

ブックメーカーに賭けることにより、見るだけでも興奮し、面白かったスポーツの試合がお金を賭ける事をプラスにしてよりエキサイティングな観戦をすることが出来るのがブックメーカーの最大の特徴であり多くのスポーツファンが参加している理由でしょう。

賭けるからには勝敗予想の確率をアップさせ、資金を増やすことが最重要となります。

覚えておきたいブックメーカーのオッズ

覚えておきたいブックメーカーのオッズ

ブックメーカーで絶対に覚えておかなければならない用語にオッズというものがあります。もちろん倍率なのですが、これは日本人に馴染みのある競馬などの公営競技の倍率とは似ているようではっきりと異なる点があります。

まず、どちらも勝ったときの倍率である点は同じです。2倍の賭けに勝てば、1ドルの資金は2ドルになるということは全く同じです。違うのは、倍率の数字のつけ方、変わり方です。先にイメージを言ってしまいますと、競馬など日本の公営競技での倍率(パリミチュエル方式)とは、すなわち人気です。多くの人が買っている、人気のある馬券は倍率が下がり、あまり人気のない馬券は倍率が上がります。

一方でブックメーカーの倍率はこのような意味での人気ではありません。単に、そのブックメーカー自身が考える勝ち負けの可能性を示すに過ぎません。つまり、その賭けに参加している全ての人の考えが反映されたものであるか、それともメーカー会社の考えたオッズ(ブックメーカー方式)が反映されたものかが異なるということです。

ブックメーカーはあくまで法人、上場企業であり、競技を実施するスポーツ団体とは何の関係もありませんし、複数のブックメーカー会社が存在し得るためにこのようなことになるのです。日本人はオッズ表示が、パリミチュエル方式かデシマル方式のブックメーカーに登録すると違和感なくブックメーカーが始められるでしょう。

ブックメーカー投資で資金を増やす

ブックメーカー投資で資金を増やす

様々なスポーツに賭けることができるブックメーカーには、試合を楽しむ以外にも本格的に資金を増やす方法があります。スポーツを楽しむ事とは無縁となりますが、システム的な賭け方をすることで勝率を上げる事が可能です。

勝敗予測で勝つという意味ではなく、資金を増やすという意味での勝利ということです。投資と同じように、リスクヘッジを考慮した賭け方をすることで、利益を積み上げることが可能となります。

具体的には、例えばテニスの場合に実力がほぼ同じ選手同士の試合を選びます。するとオッズはブックメーカーによってかなり変わることになります。これは、どちらが勝つのか判断に迷うのが理由ですが、2社以上のブックメーカーを選ぶことで有利な形で賭けをすることが可能となります。つまり、両方のオッズを足して2で割ると、2以上のオッズになるということです。これはどちらが勝っても必ず投じたお金以上の払戻金が得られることを意味します。

他にもスポーツの癖を利用することで勝率を高めることが可能です。

例えば世界ランキングがほぼ同じ選手同士の試合では、片方が全く点数を取れないゲームは少ないものです。そこで、ひとつのゲームの中で両方の選手の得点数を予測する賭けを行うと、高い確率で当たることになります。外れたとしても、次のゲームでの金額を増やすことで負けた分を取り戻すことが可能となります。このように簡単な方法でも利益が得られるようになります。